日本語教師になるには|海外進出を目指すなら英会話を学ぼう|就職に有利な会話力
女の人

海外進出を目指すなら英会話を学ぼう|就職に有利な会話力

日本語教師になるには

ノートとペン

人気の高い検定試験

最近は外国人観光客の増加があちこちで話題になっていますが、日本を訪れる外国人は観光目的ばかりではありません。留学や就業のためにやって来る人の数も年々増加しています。このような状況の中で需要が拡大しているのが、日本語教師という職業です。日本語教師は国内外の日本語学校等で、日本語を母語としない人々に日本語の会話や読み書きなどを教える仕事です。日本語教師が注目を集めるにつれ、それに関連した資格も人気を呼んでいます。その代表的なものが日本語教育能力検定です。日本語教育能力検定は、日本語教育を行うにふさわしい基礎能力を有しているかどうかを検定する試験です。この試験の合格を教師としての採用条件にしている日本語学校も多く、いわば就職へのパスポート的な資格です。

受験資格に制限なし

注意が必要なのは、日本語教育能力検定は教員免許試験のような国家試験ではないということです。日本語教師になるための公的な資格は存在せず、日本語教育能力検定自体も合格して得られるのは民間資格です。ただ、言うまでもないことですが日本語を話せるからといって誰でも日本語教師になれるわけではなく、教育職としての特別なスキルが必要となります。日本語教育能力検定は、そのスキルの達成度を示すものとして非常に信頼されている資格です。日本語教育能力検定に特別な受験資格はなく、誰でも受けられます。ただし受験者の多くは専門学校等で最低420時間の学習を経てから試験に臨んでいます。この420時間とは、国が日本語教師としての能力を身につけるために必要だとしてガイドラインで示している学習時間です。